So-net無料ブログ作成

What is going on~日々で気になること

ニュースや気になるあの話題について

 

宇宙ゴミ スペースデブリって何?

スポンサードリンク




最近、話題になっていることばといえば、「宇宙ゴミ」、いわゆるスペースデブリです。スペースデブリは、地球の周回軌道上に浮いている不要になった人工物体のことです。日本語では「宇宙ゴミ」とよばれていて、役割を終えた衛星やロケット、破砕した破片、衛星をサポートするために放たれた部品、という3つに分類されます。大半が大気圏へ再突入して燃え尽いたのですが、今も4,500トンを越える部品や破片が地球の周辺を漂っているのです。

10cm以上のスペースデブリ約16,000個
1cmぐらいのスペースデブリを含めると数十万個
1mm程度の物まで入れると1億個

とものすごい数のデブリがぷかぷか宇宙に浮いているのです。で、その数は年々増加しているとの報告があります。それだけ、地球の周りはデブリが密集しているということで、いつ衝突してもおかしくない状況を作っているんです。事実、すべてが把握されているわけではないのですが、かなりの数の衝突が起きています。

これって怖いことですよね。いつか自分の頭の上に宇宙ゴミが落ちてくるかもしれません。それがもしも10センチ以上であれば、当たって死んでしまうかもしれませんよね。確かに落下したスペースデブリが見つかったというケースはありましたが、人や建物にあたって被害を与えたという報告はないみたいです。ちょっと安心しました?

今後、宇宙の開発でもっと多くの衛星やロケットを飛ばすとなると、スペースデブリがさらに増えていくことは避けられないでしょうね。まぁ、きれいにするためのお掃除ロボットを開発すればいいかもしれませんが。ルンバみたいに自動でささっとゴミを回収してくれるといいですよね。アメリカとかロシアといった大国は、ロケット開発よりもまず宇宙ゴミのお掃除ロボットを開発する必要がありそうですね。

あー、あついあつい・・・日本の夏はどうしてこんなに暑いんでしょうか。今夜もエアコンなしでは寝られません!エアコン様様です。「ありがとう」「ありがとう」って感じ・・・


スポンサードリンク



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。